今後の予定

イベントはありません

マルマセラピー講座

マルマとは古来インドから伝わる急所とも言えるツボ(ポイント)で、人体に107箇所あると言われています。
その中で効果的なポイントを刺激するのがマルマセラピーです。

Mrityunjayムリチュンジャヤマルマ・セラピーは、アーユルヴェーダ大学副理事長で外科医師、NPO Mrityunjay Missionの代表でもあるジョーシ先生が、30年にわたる実践を重ねて実際に応用され、実績も上げて来られた方法です。
ジョーシ先生によると、古来よりマルマはアーユルヴェーダの知識としては伝わっていましたが、文献には、実際どのように使うか明確な記述はなかったとのことです。
他の流派のマルマセラピーはマッサージが主ですが、ジョーシ先生のMrityunjayムリチュンジャヤマルマセラピーは、指圧と呼吸に伴って動くプラーナ法を主とした内容です。

日本の経穴指圧とは位置、押し方が異なります。

Mrityunjayムリチュンジャヤセルフマルマセラピスト養成講座では、連続講座で丁寧に指導していきます。
初級、中級の受講が必須条件となります。

これまで養成講座受講の方は再受講可能です。

【場所】春鳳会 はしもと内科外科クリニック 2階和室 http://clinic-hashimoto.net

受講費

新規受講 再受講
初級(12,000円) 中級(16,000円)セラピスト認定(40,000円)

(全コース一括前納 60,000円)

5,000円/回
(施術練習のみ3,000円)

日本ムリチュンジャヤ協会所属セラピストは施術練習費として1,000円/回

各回の講座内容

初級 マルマセラピー概論、臓器の位置とその働き
自分自身でするセルフマルマポイントの説明
セルフマルマセラピーの手順と練習
中級 筋肉・骨格、病気その1
セルフマルマセラピーの復習と
Mrityunjayマルマセラピーについてポイント説明と施術練習
セラピスト養成1回目 病気その2、アーユルヴェーダの基本知識と体質の講座
主に他者に行うMrityunjayマルマセラピー施術の実習
セラピスト養成2回目 疾患別マルマポイント・プラーナアーサナ・レポート質疑応答
主に他者に行うMrityunjayマルマセラピー施術の実習
セラピスト認定検定 症例10カルテ提出と実技試験(予約制)
(講座予備日) Mrityunjayマルマセラピー練習 希望者があれば相談の上

※内容については必要に応じて変更することがあります
※既に受講済の方は再受講可能です

Mrityunjayムリチュンジャヤマルマセラピーの効果の例

動きの悪い患者さんでの効果は著明で、パーキンソン病、脊柱管狭窄症、
腰椎ヘルニアで歩けなかった人が、10分程度のマルマセラピーで歩けるようになりました。

動きの良くない症例以外にも、めまい、便秘、生理痛、眼精疲労、などの日常よくある病態から、
精神的なストレス、不眠などにも効果がありました。
ジョーシ先生の症例では、慢性関節リウマチ、先天性股関節脱臼、筋ジストロフィーなどの難病の人にも効果があったようです。

Dr.S.K.ジョーシ教授 プロフィール

Uttarakhand ayurveda university Principal
アーユルヴェーダ大学副理事長
ウッタラカーンド州首相の主治医
長年失われていたマルマ・セラピーを復活させ、臨床治療に役立てる。
過去30年にわたりマルマ・セラピーで数万人を治療する。
毎日300人以上の患者を無料で治療している。
NPO法人『Mrityunjay Mission』代表
ポーランドでもワークショップを開催

参考書

アーユルヴェーダの権威が明かすヴェーダ医学の奥義 マルマ・セラピー

  • 作者:SKジョーシ
  • 翻訳:清水俊介
  • 出版社/メーカー:ジョーティシュダディー
  • 発売日:016/09/08
  • メディア:Kindle版

Amazon